築年数について

2018年11月22日

アパートの築年数のお話です。

一般的にインターネットで物件を検索する際に

絞込み機能で築10年以内とする方が多いと感じます。

10年以上の物件は古くてダメと感じておられる方が

多いのかも知れません。

 

でも、建物は30年以上経っても大丈夫。

10年過ぎれば、外壁塗装もしますし、設備も新しく

することも珍しくはありません。メンテさえすれば建物は

大丈夫です。私は平成の初めにパナホームの軽量鉄骨のアパートに

住んでました。新築で入居しました。1階でしたが2階の足音や

隣室の生活音もほとんど感じませんでした。

今でもそのアパートは健在です。今では外壁塗装もされて当時と外壁の

色は変わりましたが、外からは古さもそんなに感じられません。

 

平成以降のアパートならそんなに築年数は気にされなくても良いと思います。

築年数が古くても設備がリニューアルされているものには「お得感」が有るものも

多いです。そんなお部屋を探して探してみるのもお部屋探しの醍醐味です。