忘れてました!

2018年10月18日

今日、大手建設系のアパート管理会社の社員が転勤の挨拶に来ました。

名刺交換するなり、私は先日電話でお願いした件を話題にしました。

私がその話題に触れた途端に、彼の口か「あ!」と小声でつぶやきました。

彼の表情と「あ!」のつぶやきで、私が2日前に伝えた件を忘れたのだと

思いました。

 

その伝えたこととは、彼の会社の管理物件に弊社を通じて契約をしていた

だいたお客様より弊社の営業時間を過ぎて連絡がありました。

お客様は、集合ポストのダイヤルキーの暗証番号を書かれたメモを忘れて

しまい、自宅アパートの集合ポストを開錠できないとのことでした。

そのアパートの管理会社の営業時間外なので、お客様が管理会社に電話しても

、通じないことは分かっていたので、「私から管理会社に連絡しておきますが、

明日は管理会社が定休日なので、あさって管理会社からお客様に集合ポストの

暗証番号をお知らせするように手配します。」と伝えて電話を切りました。

 

お客様との電話を終えた後に、先方の営業時間外でしたが管理会社の担当者の

携帯に電話し、お客様からの電話の内容を伝えました。

お客様がポストを開けられないと困るかと思い、初めてお話をする担当者でしたが

できるだけ早く対応することをお願いした。

 

でも、そのお願いもむなしく、私と本日会うまでその担当者は私の伝えた内容を

失念していました。

 

どうして、彼はお客様が困っているのに、それを忘れていられるのか不思議で

仕方ないです。私であれば翌日が定休日でも会社に出社して、集合ポストの暗証番号を

調べてお客様にお伝えしたと思います。仮に定休日に会社に行けないのなら、

少なくとも定休日明けの本日午前中には、お客様に連絡をします。

 

担当者は入社6年目。なぜ彼がそんな大切なことを忘れられるの不思議で仕方ない。

職業人としての意識を持たなければ、それはいわゆる「社畜」でしかない。