構造2

2018年10月11日

本日は、木造アパートのお話です。

 

木造アパートの代表格は、大東建託さんの2×4アパートです。

建物の重さを柱では無く、木造の壁面で支える建物です。

柱のある木造軸組構造の建物より地震による横揺れに強い

のが2×4の木造建物です。家主さんからすれば、ローコストで

アパートを建てられるので、デザインや設備にお金をかけられます。

また、解体費用も鉄筋コンクリートより安く済むので、将来の

費用負担も楽になります。

 

ローコストで建てられると言う事は、お家賃もリーズナブルにも

なります。デザインや設備が良くてお家賃がリーズナブルなので

若い方にも人気があります。

 

ただ遮音性が鉄筋コンクリート造や鉄骨に対して劣ります。

所詮、賃貸として割り切るなら、2×4はお薦めです。